おそうじ宅配便の口コミ・評判~住友不動産のハウスクリーニングってどう?

みつおパパ
年末までにしっかりハウスクリーニングを入れて掃除をしたいね。特にうちはマンションの売り渡しも決まっているし、内覧前に綺麗にしておきたいな。
ななみママ
ちょうどポストに「おそうじ宅配便」って住友不動産系列の会社がやってるハウスクリーニングのチラシが入ってたわ。最近は大手の不動産会社もこういうことをやってるのね。不動産としては大手だけど、ハウスクリーニングとしてはどうなのかしら。
岩谷せんせい
住友不動産建物サービスが行っている「おそうじ宅配便」はハウスクリーニング業界でも有名になってきました。最近の大手不動産会社はこうした生活回りを全て自社でまかなえるよう付帯サービスを行うところが増えています。

おそうじ宅配便の口コミ・評判・体験談

http://www.sumitate.co.jp/service/osouji/

http://www.sumitate.co.jp/service/osouji/

マンション管理会社の住友不動産建物サービスが提供する「お手伝いおそうじ宅配便」の口コミ・評判・体験談についてまとめていきます。

料金やプランは?

http://www.sumitate.co.jp/service/osouji/service/

http://www.sumitate.co.jp/service/osouji/service/

料金プランは関東と関西で異なるため注意が必要です。

ハウスクリーニングの相場としては、水まわり・キッチンまわりの清掃で3~6万円なので、特別高いわけでも安いわけでもありません。しかし、おそうじ宅配便の場合は自由にプランを組むことができるという点で他社とは異なり、それが大きなメリットです。

例えば、「2時間2名レギュラーコース」を選んだら、2時間2名でできることを自由にお願いすることができるのです。マニュアル的にはキッチン・レンジフード・グリル・トイレ・バスなどから2~3個選んで頼む形になりますが、「2時間」という時間であれば何をたのんでもいいことになっているようで、プランの柔軟性・自由度がかなり高いハウスクリーニングとなっています。また、頼む内容によってプランの金額が変わらないのも魅力です(一部のオプションは除きます)。

掃除の質や業者の対応は?

個人でやっているハウスクリーニングではなく、大手の会社が取り組んでいるハウスクリーニングの作業者は全て下請け業者です。

家電量販店がエアコンの取付や工事などを下請け業者に依頼しているのと同じで、窓口が異なるだけで作業をしているのは全て下請け業者(住友不動産の社員がおそうじをしてくれるわけではないということです)。従って「質」でハウスクリーニングを選ぶのは実は現実的ではないんです。個人的にはプランや値段、保証が効く業者のブランド(今回なら「住友」)という目に見えるところで選ぶのが失敗しないハウスクリーニングの頼み方だと思います。

「清掃の質」というところでハウスクリーニング業者を比較するのは困難で、業者間の差別化を図るには現状「金額・プラン・ブランド」の3つでしか判断できません。

ただ住友系列は昔からブランドにかなりこだわりを持っている会社ですから、そのイメージを壊させないために下請けには強い指導をしているみたいです。これまで事業部内の派生サービスであったおそうじ宅配便を2014年から「おそうじ宅配便事業」として会社内の事業部として立ち上げるほど大きく成長しているので特約店なども抱え熱烈に指導しているようです。

また元が住友”不動産”であるため、その付帯事業(販売・仲介・リフォーム・引越など)も割引価格で受けられるメリットがあります。引越を機に、売り渡しを機に、といった場合のハウスクリーニングであれば会社を一貫できる利点は大きいですね。

お盆と12月は特需なので注意

内覧・売り渡しのためのハウスクリーニングであればそこまで意識しませんが、実はハウスクリーニングには需要期があり、そことバッティングすると中々依頼することができません。

ハウスクリーニングの需要期は8月の夏休み期間(特にお盆時期)と12月中旬~下旬です。特に12月は、12月に入ってから依頼をいれても断られる可能性があります。マンション売却シーズンもちょうど1月~3月なので、その前に綺麗にしておきたいという方と重なってしまうことが多くなります。