二階の暑さ対策!二階リビングは大失敗…暮らしてるだけで熱中症

みつおパパ
前友達のうちにおじゃました時、二階がリビングだったよね。あその時は夏だったけど、びっくりするくらい暑かったのを覚えてるな。
ななみママ
私達も戸建てを建てる前にその辺りの対策をしなきゃいけないわね。
岩谷せんせい
暑さ対策は設計段階でもプロの方が最新の注意を払いながら行っていますが、住んでみて初めて分かることも多く、自然によることなので設計で対策しきれない点も出てきます。

ニ階は住んでいるだけで熱中症になる

一階に比べて太陽光を直接受けるニ階は室内の温度が上昇しやすい特性があります。また最近ではリビングをニ階にしている家も多く、ニ階の暑さ対策は非常に重要になっています。

ニ階リビングの暑さ対策

nikairibingu

ニ階をリビングにすることで、ベランダも一緒に2階に設置することも多いでしょう。日当たりは良好で夏以外では明るいリビングを作りだしますが、夏は日光が入りすぎてしまい室温が上昇しやすくなります。

屋根の軒先を長くする

建てる際の設計時に、ニ階リビングを検討する場合は夏のことも考えて屋根の軒先を長くしておきましょう。

これにより「軒先が日陰となり直接日光を防ぐこと」「雨天時の室内に振り込む雨の量を減らすこと」の同時の対策になります。またバルコニーなどの設置をニ階のベランダに考えている人にも、屋根をバルコニー用に改めて設置する手間も省けます。夏の暑さ対策として、屋根に水をまくことも室内の温度を下げることに繋がります。そういった場合にも軒下が長いことで、まいた水が室内に入り込むことも防ぎます。

ベランダ以外の採光窓を高い位置に設置

採光窓にしておくことで日光を室内に取り入れながら、自分の体に直接的に受けること避けます。また横長にしておくことで、採光窓であっても日光を受ける範囲を広げて暑さを分散させます。

風通しの良い構造

外部からの日光を避けすぎて窓が少ないというのも、換気ができず熱が室内にこもりやすいです。換気のない夏の体育館が外より暑いということもあります。それぐらい風通しが大事になります。最低でも窓はニ面以上必要になり、一直線上に対面していることが条件となります。

また空気の重さを考慮して窓の設置部分を工夫することです。床面に近いローサイドライトと、天井面に近いハイサイドライトにより軽い暑い空気は上に逃げて、重たい涼しい空気が下から入ってくる構造です。

サーキュレーターによる空気循環で温度を下げる

エアコンのように、冷たい空気は暑い時期にはとても心地よく感じさせますが、エアコンの空気の浴びすぎは体の負担にもなります。

窓を開けて夜の冷たい空気を取り込む

日中に比べて、夜になると日差しが弱まるため気温は下がります。また寝る際に室内が暑く感じる理由に多いのが、日中に室内に熱がこもったことと外気の涼しい風を取り込めていないことが理由になります。そういった場合はサーキュレーターによって取り込むことができます。

サーキュレーターの設置場所としては、窓やベランダに近いところに置いて直接外の涼しい空気を取り込みます。特にベッドで寝る方にとっては涼しい空気は重たいので床に溜まっており、循環させないといつまでも涼しくはなりません。そういった場合の室内の空気循環も同時に行うことができます。

家の構造からオールシーズン快適な暮らしを実現

家を建てる際は、間取りや家の外観など気にすることがたくさんあります。しかし、そういったところばかりに気を取られていては快適な家づくりは難しくなります。一世一代の大きな買い物に妥協せず全てにおいて良い家を目指していきましょう。