家の芝生の庭から野良猫を撃退したい!簡単にできる対策とグッズ

みつおパパ
一戸建てには芝生の庭を付けたい!ゴルフのスイングができるくらいの広さはほしいな。
ななみママ
友達の話だと、庭や家の裏に野良猫が住みついて大変だって言ってたわ。一度住み着かれると自分の場所として決めつけて毎日のように決まって来るらしいわよ。
岩谷せんせい
猫の習性では、以外にも行動範囲が狭くエリア内をぐるぐる回っているだけなんです。しかも、場所によって用途を決めています。ですからその友人のお宅も対策をすれば意外と簡単に近寄らなくなりますよ。

大事な庭を守ろう!野良猫対策

cat

「敷地内に糞や尿をされた」「寝床として使われている」などの被害を多く受けています。特に放し飼いにされている野良猫が多く、いつになっても減っていないように感じます。

柔らかい場所は野良猫の餌食になる

一戸建ての憧れでもある「芝生の庭」は野良猫の餌食になりやすいことで知られています。猫の習性では「柔らかい場所を好み」その場所をトイレとして決められる可能性が高いです。特に、芝生や柔らかい土などは一度トイレを決められてると常にその場所に執着されます。何度追い払っても戻ってくるため、固いコンクリートに替えても猫は現れます。

猫よけマットやペットボトルは無意味

トゲトゲした猫よけマットや光を反射させるペットボトルは猫よけとしては無意味です。猫は執着性はスゴく、一度決められるとどんな場所からもマットを避けて現れます。

猫避けに需要なのは「嫌な場所」として認識させること

https://www.amazon.co.jp

https://www.amazon.co.jp

これは、庭の地面に差し込むタイプのネコ対策グッズです。「猫よけ超音波撃退器ねこイラット」というもので、人には聞こえない猫だけに聞こえる超音波で猫を撃退してくれます。センサーで反応するため、人間であっても反応しますが、その超音波は人に感じにくいものです。こういったものを設置することで猫に対してその場所は「嫌な音がする場所」と認識させることができ、近寄らなくなります。

叱り続けても効果はない
猫の学習能力は優れており、「コラッー」と叱り続ける人もいますが、猫はそういった場合も学習して怒られない時間(人がいない時間)に現れようとする習性があります。そういったことも踏まえて常に見張ってくれるものが必要になってきます。

犬を放し飼いにしておく

猫より大きい中型サイズ以上の犬を放し飼いにしておくことも効果があります。猫の天敵である犬を放し飼いにしておくことで、「そのナワバリには侵入できない」と認識させます。しかしこれも犬自体のしつけができていないと飼い犬に荒らされることもあります。

敷地を仕切る壁を高くしておく

猫は瞬発的なジャンプ力と爪を引っ掛けて登ってくるため、家を囲う壁が高いと侵入しづらくなります。マンションの上層階に猫が侵入してこないこともこれが理由です。しかし、一戸建てのように仕切る壁を高くしてしまうと、通気性や採光性を遮ることも考えられます。また、壁の分だけの費用がかかることもオススメできるものではありません。

猫避けを猫に慣れさせない

猫よけグッズはどれも効果が期待できますが、ずっと同じものを使っているとさすがに猫も学習します。ニオイや音に慣れてくる習性があります。「聞いても嫌な音だけど身体には害がない」と感じ始めるとまた猫はやってきます。そういった場合には、猫が慣れてきたときを見計らって道具を替えていくことです。

色々な道具を一気に使わずに、今回は「ニオイ」次は「音」といった方法で猫から嫌な場所として完全に認識させます。

周りの住民にも野良猫に対して対策してもらう

自分だけが対策していても、周りの家の人が野良猫にエサを上げていたりしては何も効果がありません。繰り返しになりますが猫の行動範囲は狭く、執着性が強い動物です。限られた行動範囲しかないため、自分が被害を受けているのであれば、近隣の人も同じ被害を受けている人がいます。そういった人達と強力して野良猫の対策をしていくことで、そのエリアから猫を追い出すことが本当の対策に近づけると思います。