中古マンションを売る前にエアコンは取り替えておいた方がいいの?

みつおパパ
マンションを手放す前にエアコンは取り替えておいた方が買主さんは喜ぶかな?「エアコン付きの物件」なのに使い古した汚いものだと、相手を騙していることにはならないかな…。
ななみママ
どうなのかしらね、でもそれってエアコンだけに限らないでしょ?やりだしたらキリが無いような気もするわ。
岩谷せんせい
結論から言えば、エアコンはそのままで結構です。賃貸ではありませんし、マンション購入者の特性上、ほとんど「永住」を目的にされていますから、古かったら買い換える、新しかったら「ラッキー」程度にしか感じませんよ。

マンション売却時、エアコンを買い換える必要なし

aircon

結論になりますが、マンションの売却においてエアコンの年式、新品or中古であることの状態で売却価額や売れるスピードが変わることはありません。

当サイトで「マンションの売却時に後悔したこと」と題してマンション売却経験者74名にアンケートを取ったところ、「エアコンを全て取り替えたが売却価額も上がらず、売れるまでの時間も平均的だった」と回答してくれた方がいました。

その方はマンションの査定をする前に、自分で善意的にエアコンを取り替えたのですが、仲介業者のマンション査定時には全く影響されなかったとのこと。もちろん、売却価額を決定するのは売主さんなので、その査定を無視して強気で売りに出すことはできますが、現実的にエアコンが新しくなったとしても、売却額が上がったとしてせいぜいそのエアコン代金程度です。

冷静になって考えれば分かりますが、エアコンを変えたくらいで100万も200万も上がるはずがありません。仮に5万、10万と値上がりしても、不動産売却においては「誤差」としか認識されません。3,880万のマンションと、3,870万のマンションが並んでいたら、買主側から見ればそれは同じ物件です。

エアコンの清掃も必要ない?

もしかしたら内覧時に、エアコンを付けて部屋の空調の感覚を確かめることもあるかもしれませんが、基本的には不要でしょう。内覧は普通、全ての窓を開放して行われるので、エアコンを付けることはほとんどありません。

ただ、見栄えとして、外装だけ軽く水拭き程度行っておくといいですね。中まできっちり清掃する必要はありません。

ほとんどの買主さんがエアコンを買い換える

賃貸であれば十分あり得ますが、中古マンションという性質上、使い古したエアコンをそのまま使い続けるという方はほとんどいません。古かったら買い換える方が大半で、その金額を頭に入れて値下げ等の交渉をされてきます。

勝手に買い換えられたり、どうせ捨てるものを残される方が、買主としては困ってしまうのです。

買い換えた方がいいものより、捨てた方がいいものを考えよう

「買主さんのためを思って」と言って、あらゆるものをマンション内に残していったり、買い換えてあげたりする方は少なくありません。しかし、買主さんにとってはそれは「ありがた迷惑」でしかなく、逆に処分費用を請求されることも考えられます。

買い換えるならその分値下げをして欲しいし、住み始めるときはなるべく何もない状態で自分たちの城を作っていきたいものなんです。

エアコンに次いでよくあるのが、ご主人が作ったDIYの机や椅子、箪笥、腰掛けなど。「買主さんの気持ちを考えましょう」と私は何度も解説していますが、その意味を履き違えないように気を付けて下さい。

リフォームよりも清掃が大事

リフォームや修繕については、「原状回復工事済み」「リフォーム物件」として売ることができるため、売れるスピードは上がります。

しかし、不思議な事に売却価額は上がりません。あくまで売却価額は、取引事例比較法による周囲マンションの事例が最優先され、物件の状態は値段を底上げする要素にはなりづらいのです(あくまで取引事例からの減点方式なので)。

何十万、場合によっては何百万というお金をかけてリフォームするのであれば、1日がかりでハウスクリーニングを依頼したほうが断然お得です。大体3万円程度で依頼できますし、リフォームのように理事長の許可・理事会の決議など日数を経ずに即日で行えます。

特に、内覧において買主さんが見るのは水場回りの清潔感、キッチン周り(レンジフードなど)の使用感です。そうした所を集中的にハウスクリーニングを依頼したほうが、買主さんの評価は高くなりますよ。