洗濯機はドラム式と縦型どっちがいいの?旧式モデルと何が違うの?

みつおパパ
新しい新居に引っ越す上で、どうせだから洗濯機も新しくしたんです。ママは機能とか色々見るのかと思ったら、フィーリングでスパっと決めていて驚いたよ。
ななみママ
ドラム式・縦型・全自動、色々あるけど、正直何でもよかったわ。それよりも今使っている洗濯機がボロボロだったから新しくしたかっただけなのよ。
岩谷せんせい
そうなんですよね。実は、機能などを気にするのは男性だけ。一人暮らしの男性は細かく機能を見たりするんですが、女性としてはある点だけが突き刺さればスパっと決めてしまう方がほとんどなんです。また、最新作と旧式モデルにもほとんど差はありません。洗濯機であればその価格差が10万以上にもなります。

ドラム式は腰が痛くなりそう

doramu

最初に妻が発した言葉がこれでした。

新しもの好きの妻は、てっきりドラム式の洗濯機を選ぶかとおもいきや、「腰が痛くなりそう」と機能も値段も見ずに却下。

すぐさまこれまで使っていた縦型洗濯機のコーナーに移り、「これにするわ」と即決していました。しかも旧式の展示処分品です。私は唖然としましたが、ドラム式や最新式の洗濯機と比べて10万円近くも差があったので、妻の言う通りのものを購入しました。

というか、最新のドラム式洗濯機は20万円もするんですね…。こっちも驚きでした。

最近の家電製品に機能面の違いはほぼ無い

これは大手家電メーカーに勤めている技術屋の友達に聞いた話ですが、「どのメーカーを選んでも機能面の違いはほとんど変わらない・分からない」とのことでした。

毎年毎年新しいモデルが出る理由は、「常に新しいものを出している方が企業としての価値を保てるから」だそうです。機能的には2~3年前のものと今最新として出ているものはほとんど同じ。技術力というのは飛躍的に伸びているように見えて、ほとんど進んでいないようなんです。

外装を変え、機能の表現を変え、値段を変え、新しい物が出ているように見せているだけなのだとか。ちなみに「ドラム式」というのも表現方法を変えた一つです。技術革新でも何でもないとのこと。

sentakuki

10年経てばモノは変わりますが、2~3年程度であれば旧式を買ったほうが断然お得のようです。今回のように、旧式モデルを買った妻は、最新洗濯機と比べて10万円も安く手に入れたわけですが、どこに「10万円」という差があるのかたしかに疑問ですね。一体洗濯機の原価はいくらなんでしょうか…。

sentakuk

こちらが最新作の縦型洗濯機。「さらにお安く」とは書いていますが、それよりも最新作と旧作の価格差について詳細な説明が欲しいです。ドラム式も同様に旧式を選べば10万近く安くなります。

結論・・・

結論としては、「安いのを買ったほうがいい」ということですね。

仮に壊れたとしても、洗濯機であれば長期の保証が付きます。厳しい経営が続く家電メーカーですから、壊れたと電話すればすぐに対応してくれます。絶対にお客さんを離したくないので。

私の父も技術屋ですが、「何の進歩もないのに進歩しているように見せるのは辛い」ということはよく話していました。ゲーム機のプレイステーションだって毎年新しいのが出ているわけではないですよね。プレイステーション1は1994年、2は2000年、3は2006年、4は2014年です。ゲーム機を例に出しましたが、家電も周期的には同じです。毎年新しいものが出るほうが不自然なんです。

これから洗濯機を買おうとしている方は「最新モデル」という表現に踊らされないように気を付けて下さい。過去3年以内までは立派な「最新モデル」です。今使っている洗濯機だって何年使いましたか?我が家は10年以上使って、引越しを機に買い換えるだけで、使おうと思えばずっと使えます。