マンションをバリアフリー設計にリフォームするのは現実的?

みつおパパ
今のマンション、老後のことを考えてバリアフリー構造にすることなんて無理だよね…。そうすればお義母さんも一緒に住めるんじゃないか?
ななみママ
そうね、でもお金のことを考えたらマンションを売った資金でバリアフリーの家を購入した方が現実的じゃない?それにマンションをバリアフリーにリフォームしちゃったらいざというとき売却するのも難しくなりそうよ。
岩谷せんせい
マンションのリフォーム自体は許可されていますが、専有部分をバリアフリーとして設計し直すのは現実的ではありません。かなり大掛かりな工事になりますし、ななみさんの言う通り、戸建て購入の資金にした方がメリットは大きそうですね。

老後のことを考えた体に優しいバリアフリー

baria

バリアフリーと一言でいっても用途や色々な案があります。

バリアフリーの具体例

玄関から駐車場までの動線をスロープ

車イスでの乗り降りを考えた作りになっております。車イスで下っていくため急な構造にはできないため、段差によってはかなり幅をとってしまう可能性もあります。また、車イスが通れるように駐車場の幅も広くとる必要があります。

スローブの横に階段
長く幅をとってしまうスローブの横に健常者用して階段を用意しておく設置です。高齢者と同時に他の方への配慮も考えたつくりも必要になります。

段差の手すり

地面からの段差が高いところには手すりや塀を付けて車イスの落下を防ぎます。ちょっとした誤作動でも、手すりなどがあると足留めとなります。また、そういった車いすの通る場所には屋根等の設置を行い、雨の日でも濡れにくくします。床面をコンクリートにすることで乾きやすくもなります。コンクリートによって余計な隙間などがないので車イスの移動が楽になります。

大きなスライド式の玄関扉

引き戸扉が一般的ですが、開いた際に場所をとってしまいます。車いすのように玄関前を最小限のスペースで確保したいのであればスライド式扉が良いでしょう。車イスの大きさを考えると扉の有効幅としては90cmもあれば出入りが楽になります。

段差をなくした玄関

健常者の場合は、玄関ホールに上がる際の境目には段差があり靴を脱いで上がることが一般的です。バリアフリーではその段差もなくして勾配を設け、車イスに降りることなく家の中に上がることができるようになっています。こういった場合には玄関にタイヤを拭く雑巾などを用意しておくことで家が汚れることを防げます。

階段に手すりを設置

軽度なバリアフリー対策として、一般の家庭でも階段の手すりを設ける方がふえてきました。高齢者のみならず子供が登っていく時の安全性も考慮されるためとても人気です。

洗面台の大きさを車イスの高さに合わせる

senmendai

健常者としては少し低く感じてしまうかもしれませんが、お年寄りの方からするとうれしいサイズです。座ったまま顔や手を洗えるため体に負担がかかりません。最近は駅の公衆トイレやショッピングモールのトイレも同じ設計になっていますね。資金に余裕があれば複数台の洗面台を用意することも手です。

浴室・トイレを大きく設置

水回りに関しては家の間取りとして大きくとって置くほうが良いでしょう。トイレも車いすのまま入れるようにスライド式の扉にして、便座の高さまで合わせておくと楽です。それは、トイレに限らず浴槽でも同じことが言えます。地面からの高さを70㎝~90㎝と高く感じる浴槽も車イスから降りてスライドさせて入る高さとしてベスト。

全ての人に優しい家

住みやすい家は自分だけに限らずどんな人が住んでも良い家であることを指します。バリアフリーは一見、高齢者だけの家に見えるかもしれませんが、自分が怪我などで車イスの生活を余儀なくされるときでも役立ちます。一戸建てを購入する際には、是非そうした目線で見てください。