一戸建てならオール電化?ガスより電気にするメリット・デメリット

みつおパパ
やっぱり一戸建てならオール電化だよね。ガス漏れの心配も無いし、子供を一人にしておく時は安心じゃないかな。
ななみママ
でもIH対応の鍋とかに買い替えるのは面倒な気もするわ。安心だけど、その分を回収できるまで何年かかるのかしら?意外と損してるかもしれないわよ。
岩谷せんせい
オール電化はメリットもありますが、正直今までの生活が覆るほどのメリットがあるとは思えません。社会的な影響で「オール電化」というのが日本人に響いているだけですから、落ち着いて判断した方がいいですよ。

良いことばかりではない?オール電化のメリット・デメリット

alldenka

電気代の値上がり、マンションでも一括受電サービスの開始、震災後の「節電」の風潮などから、ガスを使わない「オール電化」を導入する家庭が増えています。

オール電化のメリット

ガス代がかからない

オール電化ではガス代がかかりません。ガスコンロではなくIHにより熱を出すため家の中でガスを使うことはありません。火事やニオイを予防できるため、女性にはとても喜ばれます。衣類や紙などに引火して火事になるケースも少なく、ガス漏れに伴う一酸化炭素中毒も予防できます。

震災時の復旧は電気が一番早い

東日本大震災でもそうでしたが、電気・ガス・水道の中で、最も修復が早かったライフラインが「電気」でした。電気は電柱から拾ってくるので、地中に埋没されているガスや水道と違って修復しやすい特性を持っています。電柱そのものが破損して壊れたとしても、他の電柱から配線を繋いで修復することができます。

室内の酸素濃度を下げない

火を使うガスでは、使用する度に室内の二酸化炭素の濃度が上がります。しかし、電気では熱は発生しますが二酸化炭素を発生させません。

調理器具が汚れにくい

火で炙って熱することにより、調理器具にどうしても炙ったさいの焦げなどが調理器具についてしまいます。IHに関しては熱はでるものの火を使っていないので、調理器具にススや焦げがつきにくいようになっています。

太陽光発電システムを併用させることで最大限活かせる

オール電化の住宅では、太陽光パネルの設置も同時に行うこともあります。昼間の電気代が高いため、昼間の日光による発電で電気代を浮かせることができます。加入している電気代のプランによりますが、「従量電灯B」(東京電力)のプランであれば平均2段階ほど単価が低下するようです。

オール電化のデメリット

昼間の電気代が高くなる

ガスは1日中一定の価格ですが、電気は夜よりも昼間に高くなります。生活の中心が昼間に集中している方は、オール電化に変えても、変える前と合計金額が変わらないということもあります。

深夜電力プランに加入していると、深夜電力(23時~7時の間)を安くするかわりに昼間は高く設定されます。そういったことも含めて日中は太陽光発電にて節約するように設置する人もいます。

電気に対応した家電・調理器具に切り替えなければいけない

今まで、ガスで当たり前のように使っていたものがオール電化では使えない可能性があります。調理器具でいえばIH対応、ストーブで言えば電気ストーブに変更することが必要になります。

停電が起こると全てがストップしてしまう

電柱が倒れた、断線した、ブレーカーが落ちた、という場合、復旧するまでの時間全ての電気機器が使えなくなります。ブレーカーが落ちた程度では問題ありませんが、電柱が倒れたり、断線したりした場合は、最低でも1日以上は生活に支障が及びます。

電気に全てを任せることで、コストカットができますが、直撃で電気がやられてしまうと何もできなくなってしまうデメリットもあります。

貯湯タンク設置スペースが必要になる

エコキュートでは貯湯タンク設置スペースの設置が必要になります。スゴく大きいものではありませんが、設置するスペースの確保も家を建てる際に考えることになります。

火力が弱い

電気は火力が弱いため調理の幅が制限されます。普段から料理を楽しむ方にとっては大きなデメリットになります。

オール電化にする必要性

メリット・デメリットを知った上で、一戸建てを建てる際の参考にして頂ければと思います。こういったデメリットがある分、全ての家に導入しているケースが少ないことも確かです。ガス会社がなくならないのもガスだから良い部分、オール電化の導入によってガスの良さが際立った部分もあると言います。