マンション売却FAQ

隣人のギター演奏がうるさい!マンションでの楽器を禁止させる方法

楽器の騒音問題はマンション内でのトラブルで非常に多く確認されています。しかし、個人でそれを解決しようとはせず、必ず管理会社に委ねた方がいいでしょう。個人間のトラブルに発展してしまった場合、管理会社としてはどうすることもできず、最悪の場合裁判沙汰となることもあります。

不動産会社の選び方

【大手vs地域密着】マンション売却の仲介業者はどっちがおすすめ?

「マンションを売る」という話を両親にしたところ、昔から世話になっているという地元の仲介業者を紹介されました。正直なところを言うと、少しでも高く売りたいのでその会社は不安です。大手・中小・地域密着型、そのどれも今はレインズの革新でデータ量による企業の差別化が図れなくなりましたが、どういったところで会社選びをしていけばいいのでしょうか?

相続

共同相続したマンションの空き家・空室対策としてベストな選択は?

両親が亡くなり、暮らしていたマンションを弟と共同相続することになりました。個人的には早くマンションを売却した方がいいと思うのですが、弟は民泊や賃貸など、空き家としてもっと活用したほうがいいのではないかと提案してくれました。何がベストな対策なんでしょうか?

媒介契約の種類

仲介業者との媒介契約は何を選ぶべき?メリット・デメリットのまとめ

売りに出すマンションは仲介業者のものではなく、あくまで売主さんの所有物ですから、仲介業者が勝手に販促活動をすることはできません。そのため「媒介契約」を結んで、販促活動を依頼する形になります。3種類ある媒介契約次第で、今後の売れるスピードは本当に変わっていきます。

マンション売却FAQ

居住中の中古マンションの内覧はどこまで見せるべき?

内覧では「どこまで見せるべきか?」というのは売主さんで共通の疑問になります。特にクローゼットや押し入れはよく挙がります。もちろん「全部」見せられればベストですが、現実問題、見せない売主さんも多いです。しかし当たり前ですが、それは売れる機会をのがしていることにもなります。

査定価格と相場

マンション査定額が担当営業マンによって違うのはなぜ?

担当者によってマンションの査定額が違うという話を聞きました。仲介業者によって査定額が違うのは理解できますが、担当の営業マンによって違うのはどういった理由なんでしょうか?例えば、以前その地域で実際に販売の実績がある営業マンだと、「大体これくらいで売れる」という個人の相場感が蓄えられていきます。また、過去の経験や営業マンのさじ加減で査定額というのは上下します。

不動産広告

マンションの投込チラシや「求む広告」の内容は信じられる?

「あなたのマンションを相場よりも高く買いたいという方がいます!」「当マンション限定でお探しの方が売主を募集しています!」こんな広告やチラシがあなたの郵便受けに入っていたことはありませんか?マンションの売却をちょうど考えていたあなたにとっては「これはチャンスだ!」とその不動産会社に連絡し、詳細を確かめたくなりますよね。でもそれはちょっと待った方がいいです。

値下げの決断

マンションの売却価額を値下げするタイミングとポイント

マンションの価格は常に動いています。そして価格を決める要因は1つではなく、目に見えるもの・見えないものが存在し、必ずしも査定額通り売れていくわけないのが現実です。その際、必ず「値下げ」というタイミングがやってきますが、ただ闇雲に値下げをしても売れていかないのがマンション売却の難しいところなんです。