値下げの決断

マンションの売却価額を値下げするタイミングとポイント

マンションの価格は常に動いています。そして価格を決める要因は1つではなく、目に見えるもの・見えないものが存在し、必ずしも査定額通り売れていくわけないのが現実です。その際、必ず「値下げ」というタイミングがやってきますが、ただ闇雲に値下げをしても売れていかないのがマンション売却の難しいところなんです。

売却のタイミング

売るべき?待つべき?マンション売却の決断・タイミング

マンションの売却タイミングはよく上がる議題ですが、買主にとっては大きな買い物なので「売りたいときが売り時!」なんて無責任なフレーズで収めることはできません。そんな簡単に買い手は見つからないのが現状です。ただ、不動産の価値は「下落」が前提で、「維持」は本当に難しい、「値上がり」なんて広尾の高級マンション以外はありえません。「タイムイズマネー」という言葉の通り、悩んでいる時間がそのまま機会損失になるのが不動産の特徴です。

査定価格と相場

マンションの査定価格の根拠は?机上査定と訪問査定はどちらも行う

査定価格と実際の売却価額が異なることは日常茶飯事です。不動産業者間の駆け引きや、営業マンのさじ加減、経験、会社の広告手法、社会的な背景など、めまぐるしく環境が入れ替わっているため、不動産には「相場」というものがそもそもありません。ただ、そこから大きく金額がずれることはマレなので、査定額はあくまで参考値として見るべきです。

マンション売却FAQ

事故物件・自殺者が出たマンションを高く売却したい

自殺に伴う物件の瑕疵・欠陥は「心理的瑕疵」に該当し、買い主に対して必ず告知しなければいけません。事故物件に対する尺度は個人によって本当に受け取り方が異なるため、売主であるあなたが「大丈夫」と思っていても、買主にとっては「大問題」であることがほとんどです。特に自殺があったマンションとなると、相当な価格下落・値下げを覚悟で、むしろ捨てるような気持ちで売りに出した方がいいでしょう。