都心から外れたワンルームマンションを高く売ることはできる?

みつおパパ
独身時代、ワンルームマンションに賃貸で暮らしていたけど、空室になることはほとんどなかったな。
ななみママ
ああ、三鷹のマンションね。都心からは外れているけどベッドタウンだし、人気があったんじゃない?
岩谷せんせい
実はワンルームマンションが今とても人気なんです。主に「投資用」の物件になりますが、民泊などの活用方法も生まれたため、そのニーズが高まってきました。

今ワンルームマンションが売れやすい

oneroom

2016年現在、ワンルームマンションが非常に売れやすくなっています。東京オリンピックを控え、民泊を国として推進する流れ、独身率の上昇など、社会的な需要が伸びているのがワンルームマンションです。

売れやすいワンルームマンション

売れやすいワンルームマンションは「都心」「繁華街」にあるマンションです。東京でいうと、新宿や渋谷に立地しているマンション。

住居向きではありませんが、利回りや民泊としての活用を考えると、都心のワンルームマンションはとても効率的です。

日本の生涯独身率は20%以上で、そうした人たちは地元に帰らず、住み慣れたなんでも揃う都心のオフィス街にワンルームマンションを購入し住み続ける傾向があります。

また、民泊利用を求める外国人相手としたワンルームマンションなら、新宿や渋谷に近ければ近いほど利用率は高くなります。「新宿から徒歩5分」「渋谷から徒歩10分」と、民泊においては主要駅から徒歩圏内にあることが利用率を高めるコツになります。

都心から外れたワンルームマンションは高く売れないの?

都心から外れたワンルームマンションは、都心寄りのワンルームマンションよりは確かに売れにくいです。

しかし、「売れにくい」というだけで、「売れない」わけではありません。また、家族持ちより、独り身・投資家としてワンルームマンションを購入したいニーズの方が多いので、2LDK・3LDKより確実に売れるスピードが早いです。

当サイトで「マンション売却を経験」した方74人にアンケートをとったところ、ワンルームマンションの売却をした方が5人いました。その5人とも3ヶ月以内に売却を成約させているとのことで、通常の物件より「売れやすい」というのは間違いないでしょう。

民泊・賃貸として資産活用

ワンルームマンションは売却するのが良いか・賃貸・民泊の方がいいか、よく議論になりますが、個人的には売却してしまった方がいいです。詳しくは「売却・賃貸・民泊の判断基準」としてまとめていますが、要約すると「賃貸・民泊はビジネスとして取り組む姿勢がないと失敗する」ということを書いています。

その姿勢がないなら売却して現金化した方が確実に得です。

賃貸も民泊も、回転が良くなれば安定した資金が入ってくるメリットがありますが、マンションの購入費用をペイできるまでにはかなりの時間がかかります。そして不動産投資をしている方の多くは「現金が入ってくる」という安心を求めているだけで、総合的な黒字化を最初から求めていません。

つまり、本当のお金持ちがやるものということです…。いつ自分のビジネスが止まってもいいように、保険として不動産収入を手にしているだけという方が多いのです。そうではなく、一般のサラリーマンが片手間程度で賃貸・民泊ビジネスを始めると、どうしても目先の利益を求めてしまい、長期的な目で不動産投資というものを見ることができません。

仮にマンション購入分まで黒字化できたとして、それは何年後の話になるのでしょうか。そして「黒字化」してからがスタートなので、精神的な負担はとても大きいです。常に借主さんがいるとも限りません。

次の一戸建ての購入資金にする、とにかく今現金が欲しい、というのであれば、間違いなく売却して現金化すべきでしょう。特にワンルームマンションは売れやすい時代ですし、民泊が注目されワンルームマンションを購入したいという考えの方が増えてきていますから、高い値段を付けても売れる可能性が高くなっています。