マンション売却のタイミング~仮住まいが必要にならないスケジュール

みつおパパ
マンションの売却と戸建ての購入スケジュールが合わないと、うまく今のマンションを手放せないよね。売却が遅れれば購入資金が足りないし、売却が早すぎたら仮住まいが必要だし。
ななみママ
買い替えで一番の悩みどころね。友達はどっちも中途半端にしたくないからその間実家に住んでたみたいだけど、実家が近くにない場合は難しいわね。
岩谷せんせい
残金決済・引き渡しをほぼ同時にスケジュール調整することは本当に難しいです。「タイミングを合わせるのが大切」と口で言うのは簡単ですが、現実問題何かしらの妥協をしているはずですね。

売却・購入のタイミングとスケジュール

ma-koda

子供が増えたり、子供の進学を機に一人部屋を考えたりすると、どうしても部屋が手狭に感じることがありますよね。そこで今のマンションを売却しようとするのですが、その売却と新居の購入のスケジュールってみんなどうしているのでしょうか?

購入を決めてヨーイドンでスタートしても、その家の引渡までにマンションが売却できる保証はありません。逆に早く売却できたとしても、早すぎれば住む家がなくなってしまいます。この購入・売却のスケジュールというのは、全員が一度は通らなければいけない大きな問題なのです。

timing

しかしあまり複雑に考える必要はありません。多くの人が悩んでいる疑問ということは、成熟しきった悩みということです。そして答えがない悩み・あなた自身の資金計画によるところもあるため、モデルルームで営業担当と相談して決めましょう。

購入の引渡の方が早い(買い先行)の場合

先に戸建てが完成し引渡がされる「買い先行」の場合のスケジュールです。

物件を選び、売買契約をすること自体は手持ち資金が足りなくてもすることができます。購入資金が足りなくても「つなぎ融資」やそのケースを想定したプランを提案してくれます。今は非常に家が購入しやすい時代ですからそこまで不安にはならないと思います。

しかし、あまりに戸建て引渡の期間が狭い場合は、資金フローを優先して低めに売却に出し現金化させるのも手です。

売却の引渡の方が早い(売り先行)の場合

戸建ての引渡よりマンションの売却の方が先に済んでしまう「売り先行」の場合のスケジュールです。

こちらの方が精神的な負担は少なく、資金計画も立てやすいスケジュールになります。完成引渡の「待ち」なので、売却のように「いつ売れるかわからない」ということはありません。完成自体は時間が解決してくれるものなのでスケジュール管理がしやすいのが特徴です。

しかしその期間があまりに長期に渡る場合は、仮住まいを用意しなければならず、2回引越し作業をすることになります。